七五三着物 仕立て直し

スポンサードリンク

七五三着物に仕立て直し

七五三の着物は仕立て直したものを着せたいという人もいます。着物は親から子へ、子から孫へと代々大切に受け継がれていくものです。着物は三代にわたって着ることができるとも言われているんですよ。たんすにしまったままの着物や、反物だけ片づけてある…という人は七五三着物を仕立て直してもらうのもいいですね。七五三着物を仕立て直す時は、仕立て上がっているものを全てほどいて湯のしか洗い張りをして、仕立て直すためにクリーニングをします。そして縫いなおして新しい着物を作るのです。着物の縫い方は非常にシンプルなので簡単に縫えるのですが、優れた技術が必要とされます。せっかく七五三着物を仕立て直してもらうなら、和裁士の資格を持った信頼できる職人に頼みたいですね。

七五三着物の仕立て直しのポイント

七五三着物の仕立て直しと言えば、昔の習慣ではお宮参りの時に着た着物を3歳の時に着たのだそうですが、今は少なくなっています。お宮参りも着物ではなく白いドレスを着せる人が多いですものね。3歳の時に着物をつくった場合は、7歳の時の七五三着物に仕立て直すことができます。大人用の小紋を七五三着物に仕立て直しすることできるのだそうです。もし七五三着物の仕立て直しをするのならば、2〜3週間はかかりますので早めに問い合わせましょう。最近では、インターネットで検索するとすぐに着物の仕立て業者が見つかりますから、近所に仕立て屋さんや呉服屋さんがない場合は利用するのもいいでしょう。

スポンサードリンク