男性香水 つけ方

スポンサードリンク

男性の香水のつけ方の気になる点

男性の香水のつけ方が、気になったことはありませんか?

素敵に思えたり、ちょっと遠慮したい気分にさせられたり、むしろ不快感を感じたり、色々ありますよね。香りは人の印象をずいぶん左右してしまいます。

でも、男性で香水のつけ方が上手だと、印象がグッとあがるのも確かです。

TPOをわきまえるのが大事なのは、男女とも同じですね。例えば結婚式や特別なおでかけに付けると、きちんとオシャレをしているんだ、と感心するし、ほのかに香る程度だとさわやかに感じたり、その人のファッションのコーディネートに溶け込んでいると違和感がなかったりします。

一般的に女性より、男性は香水のつけ方に慣れていないことが多いと思われます。その一因はやはり情報不足なのではないでしょうか。男性は女性に比べてファッション誌はあまり読みませんし、友達同士で情報交換をすることもありません。

ぜひ、世の男性に香水のつけ方が上手になってもらいましょう!

男性の香水のつけ方の注意

男性の香水のつけ方で注意したい点を挙げます。

まず、清潔な肌につけること。香水は消臭剤ではありません。汗の上につけると、香水と汗と肌の雑菌が混ざり合って悪臭を放つことがあり得ます。もともと男性は女性より皮脂の分泌が盛んで、汗臭くなりやすいもの。香水をつけるということは、おしゃれをすること、と心得て、まずは身だしなみです。

次につける場所ですが、先の理由で汗をかきやすいところはやめましょう。わきの下や背中はつけてはいけません。自分に香りが上がってきてしまう、のど周り、鼻、胸のあたりも避けてください。耳の後ろ、うなじ、肘の裏、手首、ウエスト、膝の裏、足首などがお勧めです。洋服につける人もいますが、染みになったり、つけない選択ができなくなったり、香りを選べなくなったりするので、あまりお勧めできません。

最後につける量ですが、肌が湿る程度…ほんの少しでいいのです。つけた後に体温で温まって香りが広がります。濡れるほどつけてはいけません。

そして、対女性への注意としては「好みの香りである」というのが大前提になります。彼女やご家族がいる人は、意見を聞いてみてくださいね。

スポンサードリンク