手土産 マナー

スポンサードリンク

手土産のマナーその1 何を贈るか−

まず、手土産のマナーとして大切なのが、「何をどれだけ贈るか」ですね。

お酒が全く飲めない人に高級な日本酒を贈っても、受け取った人も困ってしまいます。

また、お花の手入れを全く知らない人に大きな鉢植えをプレゼントすることも同じです。

相手が日頃どのようなものを好んでいるのかという事を把握しておくことも、立派なマナーです。

相手が好きなものであっても、家族に人数に対して贈り物の方が少ないというのはいけません。縁起が良くないとされる数字である4や9を避け、相手の家族の人数よりも多い数で有れば大丈夫です。

手土産のマナーその2 どこで買うか

そして手土産のマナーで次に重要なのが「どこで買うか」ですね。

受け取る側の住んでいるすぐ近くのお店で購入したものだと、まるで慌てて間に合わせで買ってきたのではないかという印象を与えかねません。

事前に用意しておかねばならない、ということは有りませんので当日購入するのは構いませんが、相手にとって不快な思いをさせないように「買う場所」に気を遣うことも大切です。

同じように、もらい物をそのまま渡すのも失礼に当たります。もしもらい物を渡すのであれば「頂き物ですが」と一言添えてから渡しましょう。

手土産のマナーその3 いつ渡すか

手土産のマナーは、決して難しいものではありません。

普段は手に入らないような品物を自分のために用意してくれたと解ると嬉しいですよね。

そのように、自分がされて嬉しいことは、相手も嬉しいものだからです。

そのことさえ忘れなければ、マナーも堅苦しいものではありません。

今日からあなたも手土産マナーマスターですね。

スポンサードリンク